胃が痛い、胃もたれ、胃の不快感などの症状があるのに、「忙しいから」「まだ我慢できるから」と放置したままになっていませんか?

食道や胃、十二指腸の病気を放置しておくと様々なリスクがあります。

胃が痛い
胃がもたれる

胃がもたれる

胃が痛い

カラダの危険サイン

放置したままにしていませんか?

■胃が痛い、胃もたれ、胃の不快感などの症状でお悩みの方へ

逆流性食道炎 胃潰瘍 十二指腸潰瘍 萎縮胃炎 胃ポリープ 胃がん 胃粘膜下腫瘍 胃リンパ腫 等々

早めの検査で早期発見することが重要です!

説明

■主な食道・胃・十二指腸の病気

 先端に高性能カメラのついて細いチューブを鼻から挿入して、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。

 経鼻内視鏡検査は、口からおこなう内視鏡検査よりも「おえっ」となる嘔吐感がおこらないので、苦痛が少ない検査です。

■こうの医院では、経鼻内視鏡検査を行っております。

◆ 検査の流れ ◆

夕食

1

検査の前日

夕食は早めにとり、夜9時以降の飲食は避けてください。

麻酔

4

麻酔

鼻の中に麻酔をします。

水はOK

2

検査当日の朝

飲食は避けて下さい。

*水を除く

内視鏡

5

内視鏡検査

モニターの映像を隅々まで観察します。

薬

3

検査前の準備

胃の中をきれいにするためのお薬を飲んでいただきます。

看護師

6

検査終了後

検査終了後、少し休まれたあとに帰宅していただきます。

検査について不安なことなどがありましたら、こうの医院へお気軽にお問合せください。

こうの医院は、地域に根ざしたかかりつけ医としての医療を提供しております。ちょっとしたことでも、からだの不調を感じたらこうの医院へご来院ください。

経鼻内視鏡検査等のお問合せ・ご予約は、お気軽にどうぞ